Beat! Beat! Beat!

 
 
--年--月--日
スポンサーサイト
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2013年12月26日
靖国神社
 

今日、安倍首相が靖国神社に参拝しました。
そのことに関連した私のツイートをこちらにも載せます。

《日本を守るために戦い、命を落とした先人たちは、靖国に祀られる英霊だけではない。むしろ靖国の外にいる民間人の戦争犠牲者にこそ感謝し、哀悼の意を表すべきである。
戦争というものは、金銭的にも、精神的にも、民間人の協力を抜きにしては成り立たない。》


《靖国の英霊を影で支えた遺族や、空襲犠牲者、沖縄のひめゆり学徒隊のような方々に、なぜ感謝をしないのだ?
思想が右に傾いた連中の日本史観は近視眼的で、優しさや、長期的な視野が足りない。》


《安倍晋三は似非愛国者である。》

https://twitter.com/BeatitudeBoogie

私的参拝ということで、玉串料は私費で奉納したようですが。移動には公用車を使用していますので、公費(税金)の私的流用ということになります。
私人の立場で個人的に参拝するのであれば、移動費まで私費で賄うべきです。そこに議員特権は通用いたしません。

これは重箱の隅を突くようですが。
なぜ洋装で参拝をする?
保守派、伝統主義者で、日本の伝統的な衣服を身に纏い、伝統的な家屋に住み、伝統的な食事、伝統的な暮らしをしている者はどれだけいるのだろうか?その割合は恐ろしく低いのではないだろうか?
矛盾しています。

靖国神社自体は穏やかな気の流れる素晴らしい施設ですが。
祀られる基準が曖昧で、御霊や遺族の意志に関係なく一方的、押し付けがましいものであると思いますし。
政治家、特に政権を持つ方々が靖国原理主義的に参拝しようとすることに賛同できないのは、ツイート内容の通りです。

中国、韓国がまた反発しています。
この二国とは友好的になるべきだと思いますが。ことあるごとに日本を批判できるほど聖人君子のような国であるかは、甚だ疑問です。

足元にご注意。

スポンサーサイト

 
 
 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
 
プロフィール
 

石垣裕康 / HiROYASU

Author:石垣裕康 / HiROYASU
Guitarist & DJ

 
 
Twitter
 

Twitter
119

 
 
最新記事
 
 
 
最新コメント
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
リンク
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 

QRコード

 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。