Beat! Beat! Beat!

 
 
--年--月--日
スポンサーサイト
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 

那覇市内唯一のビーチ「波の上ビーチ」
10-10-07_012.jpg

10-10-07_011.jpg

鳩を狙ったが、獲れずにスゴスゴ帰ってゆく猫。
10-10-07_013.jpg

300年あまりの歴史を誇る、やちむん(焼物)の里。壺屋の「やちむん通り」と、今も残る周辺の赤瓦民家。
10-10-07_026.jpg

10-10-07_032.jpg

10-10-07_033.jpg

10-10-07_028.jpg

10-10-07_029.jpg




さらば沖縄!また来るぜ~☆
10-10-07_016.jpg

帰りは海がしけて、一晩中ジェットコースターに揺られてる状態。
無事に帰れるか不安だったけど、過ぎてしまえばあんな経験もまた一興。

スポンサーサイト
 
 
 

民謡酒場も行ったさ~

国際通りにある「地酒横町」
http://www.zizake.co.jp/
40分の3ステージ。リクエストコーナーもあり。
所謂ハコバンってやつだよね。
最後にはカチャーシーを乱舞!
三線をアンプに通したり、マンドリン等の他のジャンルで使う楽器も取り入れたり。伝統を大切にしつつも、柔軟性を持った姿勢が沖縄民謡の強みだよね!
カチャーシーを踊るような曲は、Boogieとの共通点を感じる。
10-10-03_012.jpg

10-10-03_018.jpg

10-10-03_020.jpg





少し前に沖縄を訪れていた友達が情報をくれたBARにも行った!
「BAR Singapore Night」
10-10-06_004.jpg

10-10-06_005.jpg

那覇市 開南十字路近くにひっそりと佇む隠れ家的なBAR。
あまり目立たない通りの中、その一角だけ実にR&Rしてました!
10-10-06_001.jpg

10-10-06_003.jpg

10-10-06_006.jpg

10-10-06_008.jpg

後半記憶が曖昧だけど。同じ敷地内で昼間はセレクトショップをやっているので、後日訪ねてみたら、泡盛をしこたま呑んだらしい…
翌日の体調が悪かった割には、気分は良かったので、旨い酒を呑んだということにしておこう(笑)
Singapore Nightオススメです!!
http://barsingaporenight.ti-da.net/
・2-1-31 HIGAWA NAHA-CITY OKINAWA/TEL 098-835-9681
・OPEN/22:00~翌3:00
・HOLIDAY/日曜日
(問)バー シンガポールナイト TEL 098-835-9681  




CLUBも見付けたけど、その日の気分じゃないジャンルの日だったから入らなかったり。
気になったSOUL BARが休みだったりもしました。

 
 
 

沖縄は食べ物も旨い!

ゴーヤーチャンプルーもゴーヤーがたっぷり。
10-10-03_001.jpg

豆腐チャンプルーと、ゴーヤーサラダ。
豆腐は本土の物よりも固く、味の濃い島豆腐を使用。
これを食べたのは宿の近くにある「四季の味 花兆 萬亀」というお店。本土の人間だというのを知ったら、お店の方が沖縄の音楽が入ったCD-Rをお土産に持たせてくれました!
10-10-04_007.jpg

10-10-04_011.jpg

アグー豚やゴーヤーを使った沖縄バーガーと、ゴーヤーフレイバーの発泡酒ゴーヤードライ。
10-10-04_008.jpg

沖縄そばも喰ったさ~
地元民御用達「丸安そば」の沖縄そば、その近くのお店(屋号不明)のソーキそば。美味&格安!
10-10-07_018.jpg

10-10-05_002.jpg

エラブ海ヘビを使ったカレーライス、トッピングでエラブ海ヘビの皮てんぷら。
ヘビを生のまま、骨が溶けるまで煮込んであるから、影も形もありません。
味も癖がなく普通のカレーライス。皮のてんぷらは、あっさりとしていて、少しモチっとした食感。
料理法は違うけど、食材としての海ヘビは漫画「美味しんぼ」に載ってて興味がありました。
栄養タップリ!
10-10-07_017.jpg

アメリカ生まれ、沖縄育ち。BLUE SEALのアイスクリーム。
これはシークァーサー味。
10-10-07_021.jpg

滞在中愛飲してた(安かった!)さんぴん茶、沖縄限定スパムサンド、タコス巻き。
10-10-07_002.jpg


まぁ、高い物は食べてませんね(笑)

 
 
 

やっと平和祈念公園に到着。
平和祈念公園は本島南部の「沖縄戦終焉の地」糸満市摩文仁の丘陵を南に望み、南東側に険しく美しい海岸線を眺望できる台地にあります。
http://kouen.heiwa-irei-okinawa.jp/

式典広場。
10-10-05_041.jpg

10-10-05_043.jpg

平和祈念堂。
沖縄平和祈念堂は、沖縄県民はじめ全国民の平和願望、戦没者追悼の象徴として建設されました。堂内には、沖縄県下の各市町村及び学童による募金活動の支援を受けて、沖縄が生んだ傑出した芸術家山田真山氏が18年余の歳月をかけて原型を制作した沖縄平和祈念像が安置されています。
10-10-05_042.jpg

沖縄平和祈念像。  高さ 12m 幅約 8m
10-10-05_017.jpg

平和の火。
「平和の火」は、沖縄戦最初の上陸地である座間味村阿嘉島において採取した火と被爆地広島市の「平和の灯」及び長崎市の「誓いの火」から分けていただいた火を合火し、1991年から灯しつづけた火を、1995年6月23日の「慰霊の日」にここに移し、灯したものです。
10-10-05_035.jpg

平和の礎。
国籍や軍人、民間人の区別なく、沖縄戦などで亡くなられたすべての人々の氏名が刻まれてあります。
10-10-05_030.jpg

10-10-05_026.jpg

10-10-05_029.jpg

平和の火のある広場から太平洋を眺望できます。
悲しいくらいに美しかった…
10-10-05_032.jpg

10-10-05_034.jpg

10-10-05_037.jpg

10-10-05_039.jpg

10-10-05_040.jpg


夕刻も迫ってたし、帰りのバスも本数が少ないので、公園内全ては回れなかった。

 
 
 

今回の旅のテーマは船で沖縄に行く。
この日にはこれをしようとか、あそこに行こうとかはハッキリとは決めてなかった。
でも、ひめゆりの塔と、平和の碑にはどうしても訪れたかった。どこか使命めいたものを感じてた。
バスで行ったんだけど、那覇からだと途中乗り換えしなくちゃならなくて少し面倒。

乗り換え地点 糸満バスターミナル近くの海。
10-10-05_004.jpg

ひめゆりの塔。
10-10-05_007.jpg

10-10-05_008.jpg

身内に沖縄戦で亡くなった人はいないんだけど。
塔の前に立ったら涙が溢れてきた。

生存したひめゆり学徒隊の方のお話を直接聞くことができる機会は、もう少なくなってきてるけど。聞くことができて良かった。
塔の前のガマ(洞窟)は、ガス弾攻撃によって多くの犠牲者がでた伊原第三外科壕。
このガマがひめゆり平和祈念資料館の中に実物大で再現されていて、来館者は下から見上げるような形で展示されています。
言葉が出なかった。
http://www.himeyuri.or.jp/index.html

恥ずかしながら、他にも慰霊の塔があるのを初めて知り、いくつかは手を合わせてきました。





ひめゆりの塔前 ~ 平和祈念堂入口 までバス停2~3くらいかな?
歩いて行けると思った俺が…  馬鹿でした(笑) 遠い、遠い。
都市部と同じ感覚でいたら駄目だね。
たまに観光バスか軽トラが通るくらいだし、心細かった。
でも、途中の景色を楽しめたから良かった。
文字通り足元を支えてくれたNew Balance MT621Hくんに感謝だ!
10-10-05_009.jpg
もう十年乗ってないけど、バイクを手に入れて、次は愛車と一緒に訪れたい。

 
 
プロフィール
 

石垣裕康 / HiROYASU

Author:石垣裕康 / HiROYASU
Guitarist & DJ

 
 
Twitter
 

Twitter
119

 
 
最新記事
 
 
 
最新コメント
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
リンク
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 

QRコード

 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。