Beat! Beat! Beat!

 
 
--年--月--日
スポンサーサイト
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2014年11月29日
ロックンロールの夜
 

11/23 渦三兄弟を観にHAPPY JACKへ。

R&Rは死なない。
時代毎の空気を吸収し、したたかに生き続ける。

141123.jpg

スポンサーサイト
 
 
2014年11月15日
非常ベルのようなR&R
 

11/9 Flying Walrusを観にBLACK AND BLUEへ。

IMG_14119.jpg

Vo.&Gt.のAKIHIが、ディレイやトレモロといった今までになかったサウンドメイクをしていたし。『ピアノ』なんて昔からの曲も、性急なビート(性急という程でもなかったっけ?)からどっしりとしたグルーヴへ変化していて。
Small Faces 〜 Humble Pieといった、Steve Marriottの流れを思い浮かべました。

 
 
2014年11月13日
Shake! Shake!
 

11/8 The Waitsを観にThe CLUB SENSATIONへ。

IMG_14118.jpg

なんか面白い夜だったね(^^)
Do You Wanna Dance? これからもPartyを続けよう☆

 
 
2014年09月21日
Rock'n'Roll Never Die
 

9/15 THE VODKAを観にTHE CLUB SENSATIONへ

IMG_8325.jpg

たかがロックンロール、されどロックンロールがそこにあった。
いいじゃん。

いまや、ロックンロールなんて、ユースカルチャーでも、カウンターカルチャーでもなんでもないし。
古くさいよね。
30歳以上を信じるな!なんて言われたスローガンの。その信じるなと言われた対象に、俺等はなってるんだし。

俺とか、THE VODKAとか。
1900年代半ばに巻き起こった"Rock And Roll"という観念のまま突っ走りますよ。
でも、その観念は、太古から続く、人類にとって大切な観念なんだよ。

音楽形態としての趣味は抜きにして。
Rock And Rollという観念は、太古から続く人類の感情の、別の言い回しなんだよ。

わかるかなぁ~ わかんねぇだろうなぁ~


 
 
2014年08月17日
追悼 山口冨士夫
 

8/14 新宿Soul Kitchenで開催された山口冨士夫 1周忌追悼LIVEに参加してきました。
昨年のこの日、冨士夫ちゃんが亡くなってしまったんだ。

お目当てはICHIROCKER。
ルーズにやるのがR&Rだなんて感じの出演者もいる中(それは大きな勘違い、幻想だぜ)、ICHIROCKERさんが音を鳴らした途端明らかに空気が引き締まったよね。
この日は借り物のギターを弾いてたけど、完全に自分のものにしてたし。
冨士夫ちゃんだって、良い時は最高、悪い時は最低だったけど、本気出せば物凄かったもんね。

IMG_0937.jpg

元SHEENA & THE ROKKETS、現HEY HO LET'S GOの渡辺信之さんも良かった!
シナロケと冨士夫ちゃんが一緒にやってた頃、ナベさんはローディーだったけど。その頃に冨士夫ちゃんが気に入ったというテレキャスを弾いてた!
著書『So What』の中で、ナベさんに対する賞賛を綴ってたよね。

 
 
プロフィール
 

石垣裕康 / HiROYASU

Author:石垣裕康 / HiROYASU
Guitarist & DJ

 
 
Twitter
 

Twitter
119

 
 
最新記事
 
 
 
最新コメント
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
リンク
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 

QRコード

 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。